ー お知らせ

2009-10-04

第66期 経営指針発表会

2009.10.04

第66期 経営指針発表会を行いました

2009年度の経営指針発表会が7月11日に行われました。今年は、昨年からの大幅な減産対応の中、新工場移転も重なり、やむなく時期を遅らしての開催となりました。
今年から、新社屋内で開催することができ、スケジュール・日時など融通がきくので時間的なことを気にしないで済みました。

今回は、経営指針の内容は、藤谷良樹新社長より社長方針が発表されました。

1、わが社と自分の歴史と現状
2、社長の思い  経営理念・中期計画(ビジョン2011)・行動基準
3、今年度の方針 組織・数値目標・具体策

社長が入社して20年、その間の印象に残る事柄、経営の転機となる様々な自分史の説明を頂きました。特に、社長の思いについては、経営理念を基本に、その具体的行動基準(ヴァリュー)に賛同して頂ける仲間と共に歩みたい。トップの仕事は、より良い未来を社員に明確に示し一致団結させることです。外部環境、今年度の数値目標の見通しのもと、目前の具体策が発表されました。
具体策(2009年9月末めざして)
1、2009年9月までに製造室の仕組みの正常化を目指す。仕組み作り社長が参画
2、収益改善のため 現場の一時帰休 内製化取り組みを継続して行う
3、競争力の強化 SSS改善活動・SS改善活動の実施 10月以降の変化に対応する
4、製造室ミーティングの再開
5、終業前15分間清掃の完全実施
6、治具関係の色塗り
7、9月末までの社内仕掛、在庫品の棚卸
8、各職場にグループ毎の掲示板、各持ち場に名前と写真入りと目標、機械名  担当者の紹介版

午後からは、林総経理企画のもとチームワーク研修が行われました。初めに、緊張をほぐすため、軽い野外ゲームで汗を流しました。そのあと、社員はグループ毎に、本音を語り合い、グループで発表がありました。

梅雨の晴れ間でお天気にも恵まれ、研修会の後、全社員でのバーベキュウを行いました。14グループに分かれてするわけですから、準備など大変でした。120人程の食材など想像もつきません。設営、買い出しなどご協力頂き、大きな混乱もなく行えました。
準備から片付けまで全社員が参加することでより一体感が持てたように感じました。只、残念なことが一点、ノンアルコールでしたので、皆さんすこしおとなしい印象を受けました。

今、この厳しい時期に全員一丸となり、新社長と共に乗り切りましょう!

 

 

 

お問い合わせ

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ